Archive for the 'diary' Category

キンザザの『「ママ ママ どうしよう♪」の映像って…』への自己回答

『映画「不思議惑星キンザザ」のリマスター上映まであと1ヶ月かぁ』
などとアチコチの記事をチラチラ見ていたところ
過去の当kippoブログの記事が出てきてしまい
『キンザザの「ママ ママ どうしよう♪」の唄映像の元ネタを調べたけど分からん…」
などと書いていたことをたまたま見かけてしまいました。

「当時はGoogleとかなかったのか?」と思い調べたらもちろんサクッと、
Котовский (фильм)という1942年のソ連映画だったと判明しました。
過去の自分のITリテラシー(懐かしい)の低さに唖然としました。

とはいえ唄のところは

 「私たちが何をするかママ、「歌(「冬の寒さに来るときああ、ママ、ママは、私たちが/何をしていますか?/あなたは暖かいハンカチを持っていない、/私は冬のコートを持っていないが!」)別の製品ですが、フィルムは、詩にコーラスとして男性のカルテットをマーク "オデッサから。」 これは、最初のキエフ劇場キャバレーで1919年に行われたクルックド「ジミー中のソリスト」「サロンコーラス」ヒョードルKurikhin 。 特に人気曲がに感謝を受け取ったレオニードUtesov 、「コミックコーラス」を作成しました。彼女の歌の芸術家を、貧しい人々を描いた。
  映画「で不思議惑星キン・ザ・ザ "歌"ママ、私たちは何をしますか」二行目、上でそれを変更する、映画「Kotovsky」から繰り返しPlyukの地球人に乗って実行"ママ、ママは、どのように我々は、生きるしようとしています」。 この映画では、曲はフランスの作曲によって「子守唄」の曲に行われイシフィリップ。
"Котовский (фильм)" wikipedia(Google翻訳)

と良く分からんですね

追記:映像の高画質版もあったよ

映画「不思議惑星キンザザ」は​新宿シネマカリテ(8/20〜)、名古屋シネマスコーレ(8/27〜)、大阪シネ・ヌーヴォ(9/10~)、京都みなみ会館神戸 元町映画館ほか、全国各地で上映予定!

ホバーボードはみんなの夢

Img: Open Source Hover Bord Project

世界の大きなお友達達は
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のホバーボード(空飛ぶスケボー)が大好きで

■ 「飛行機能は2015年まで待ってね!」というモノ(Back to the Future™ Hoverboard (Prop Replica)

■ 磁力方式(?)(Hoverboard Project

■ 作ろうと女の子が頑張るショートムービー

■ 電磁力方式の作り方

などなど、年に1〜2回は誰かがなんかやってくれて
その度に喜んでいるワケです。

今回は「100万ドル集まったら実際に作ってみるわ!寄付待ってるぜ!」というプロジェクト
Open Source Hoverboard Project」が立ち上がっていました。

ビフ(孫)が載ってたヤツよりゴツくて悪そうな完成予想図。
コントローラーがなぜかiPhone。
今のところ3000ドルしか集まってませんが締め切りは今月27日!

「死霊のはらわた(リメイク版)」を見てきました。〜クスリ止めますか?それとも人間止めますか?

http://dailyfilmfix.com/wp-content/uploads/2013/04/4-5-13-Evil-Dead-Poster.jpg
相変わらず映画館になかなか足を運ばない「自称:映画ファン」ですが
「オリジナル版・死霊のはらわた」を劇場で見て以来のホラー映画ファン(自称)
という友人に誘われ久しぶりに劇場へ「死霊のはらわた(リメイク版)」を見に行きました。
たぶん「アベンジャーズ」以来の映画館でした。

上映中は
「ユーモア抜いた純粋ホラーのスプラッター・ムービー」との前評判通りと言うか
エミリー・ローズ?ちゅーかエクソシスト?」というオープニングから
「まさにブラッド・バス!っていうかそういう事か?シャワーだし」というラスト前の演出や、
そして、知らなかったので「あ!」と言ってる間に終わって悔しい思いをした本当のラストまで
周りに気を遣って心の中で「イエーイ!」「ウワー!」とか言ってました。

主演のジェーン・レヴィちゃんの演技が
「クスリ止めますか?それとも人間止めますか?」
の質問に「両方とも止めます」って答える感じが出てて
とても良かったです。

「おまえら何で人の家でそんな事するの?」とか
「あの猫達、意味なくて可愛そう」とか
「とっとと憑り殺せや!」とか
「ONE MORE 木の枝!」とか思いましたが
そういうのは野暮っていうか、シリーズの大ファンの人にしか言う権利無い気がして
思った端から忘れる事にしました。

また、続編やるとかやらないとか話が出てますが
とりあえず、見る方(特にオリジナルシリーズ好きな方)は
「スクリーンに幕が下りるまで席を立ってはいけない」
という事を心の備忘録に筆圧高めでメモっておくと宜しいかと思います。

アリス・イン・ワンダーランドの続きの話

「アリス・イン・ワンダーランド」の続編製作が始まっているというニュースが飛び交い出しました。

 Varietyによると、第1作の脚本家リンダ・ウールヴァートンがすでに続編の執筆を開始。リンダはディズニー映画の常連脚本家で、アニメ映画『美女と野獣』『ライオン・キング』などを手掛けている。ストーリーの詳細、そしてキャスト・スタッフについてはまだ明かされていない。
ー 『アリス・イン・ワンダーランド』続編、ついに製作開始! 2012年12月8日

遅ればせながら「ヱヴァQ」を見に行って「フランケンウィニー」の予告編の吹き替えに首を傾げながら
「ホームアローンの同時上映だったからシザーハンズもクリスマス近くに公開していたんだなぁ」
などと思っていた矢先だったのでちょっとビックリしました。

 バートンは、同作の終了シーンが不明瞭で、続編の可能性をほのめかすものであったことは認めたが、新作映画として話を続けることはダメなアイデアだと考えている。
 バートンは、MTVニュースに、「僕にとっては、これこそがあのテーマなんだよ。可能性を広げているんだ。夢みたいなものだよ。解釈を観客に任せるために、開放したままにしておくのさ」「『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の続編を作れ、っていうプレッシャーをかなりかけられたけど、僕はそのまま放っておいたほうがいいと思う映画もあると考えてやりたくなかったんだ。観客の心を汚さないって感じかな」と話す。
ー ティム・バートン「『アリス・イン・ワンダーランド』続編はない!!」2010年11月25日

上の記事のようにティム・バートンは続編否定してたし
まだシナリオ第一稿なのでどうなるか分かったもんじゃないですけど
どうなるのか気になりますね。

Recommend

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2010-08-04)
売り上げランキング: 7479

サーバーがおかしくなったので引っ越ししました

一昨日あたりから、サバーがおかしくなってしまい
サイトにアクセスできなくなっておました。

「きっと時間(とサーバ屋さん)が解決してくれるに違いない」と勝手な期待を胸に
一晩眠れないまま放置していたのですが
全く状況に変化が見られないため
四苦八苦しながらサーバーを移転しました。
疲れました。

● Curtis Mayfield / Move On Up ●

日々勉強です

ロバート・ロドリゲス製作の最新作「プレデターズ」の宣伝記事を読んでいたら

…今回プレデターを演じたブライアン・スティールという役者は190センチくらいで、昔のプレデターを演じていた役者に比べれば小さいのですが、動きがとても速くて上手でした。
(引用元:「プレデターズ」日本人殺し屋、役作りの参考はC・イーストウッド|映画.com

という記述がありました。

今まで「プレデターの中身(スーツアクター)はバンダム」だと思っていたので
「バンダムそんなデカかったけ?」と思って検索してみたら、
実際にプレデター役をやったのは、ケヴィン・ピ-タ-ホ-ルという
身長2メ-トルを越える怪物専門の黒人スーツアクターだという事を知りました。

日々、学ぶ機会は転がっているんですね。

ケヴィンはラストのヘリ操縦士として顔も出してるそうなので、
いつか「プレデター」を再び見る時には忘れないで確認してみようと思います。
"Read More" »

そういえば「特攻野郎Aチーム」

すっかり忘れていましたが、今年の夏「特攻野郎Aチーム」のリメイク映画版が公開でした。
『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』公式サイト

TV版の吹き替えに慣れ切っているので今回の映画版は楽しめるのか少し心配です。

● 2010年映画版「特攻野郎Aチーム」日本語吹き替えオープニング

"Read More" »

デニス・ホッパーは「羊たちの沈黙」には出てないよ!

ドラッグシーンに本物を使った男。(イージーライダー
主人公のはずがチェーンソー持って大暴れするはめになる男。(悪魔のいけにえ2
オーストラリア行っても大暴れする男。(Not Quite Hollywood
監督にドラッグてのはどんなものか教えてやる男。(ブルーベルベット
よくアンソニー・ホプキンスと間違われる男。(羊たちの沈黙
クッパ。(スーパーマリオ実写版

映画を見だした頃から見る作品に頻繁に顔を出してくる個性的で見慣れた人が亡くなったと聞いた時、
いつも不思議な気持ちになります。
悲しみや寂しさとも少し違うアノ不思議な感覚をなんと言えば良いのか今でもわかりません。

そして、いつになったらこういう時に「そういうものだ」と言えるようになるんでしょう。

 わたしがトラルファマドール星人から学んだもっとも重要なことは、人が死ぬとき、その人は死んだように見えるにすぎない、ということである。過去では、その人はまだ生きているのだから、葬儀の場で泣くのは愚かしいことだ。あらゆる瞬間は、過去、現在、未来を問わず、常に存在してきたのだし、常に存在しつづけるのである。たとえばトラルファマドール星人は、ちょうどわれわれがロッキー山脈をながめると同じように、あらゆる異なる瞬間を一望のうちにおさめることができる。彼らにとっては、あらゆる瞬間が不滅であり、彼らはそのひとつひとつを興味のおもむくままにとりだし、ながめることができるのである。一瞬一瞬は数珠のように画一的につながったもので、いったん過ぎ去った時間は二度ともどってこないという、われわれ地球人の現実認識は錯覚にすぎない。
 トラルファマドール星人は死体を見て、こう考えるだけである。死んだものは、この特定の瞬間には好ましからぬ状態にあるが、ほかの多くの瞬間には、良好な状態にあるのだ。いまでは、わたし自身、だれかが死んだという話を聞くと、ただ肩をすくめ、トラルファマドール星人が死人についていう言葉をつぶやくだけである。彼らはこういう、"そういうものだ"。
ーカート・ヴォネガット・ジュニア著/伊藤典夫訳『スローターハウス5

"Read More" »

ツインピークスで気がつけば2月…

1月はtwitterとツインピークスにかまけて
更新が滞っていました。

ツインピークスは15年前の深夜放送時代以来に見直したのですが
文字通りの何ともいえない当時の感情がフツフツと沸き上がってきて
変な気分になりました。
"Read More" »

立候補しました

友達のフクちゃん(無期限世界旅行中でずいぶんと暇らしい)から「仕事だよ」とメールが来ていたので
見てみたらメールの本文には見慣れないアドレスのみ。
リンク先へ飛んでみたら「世界1周 雑貨バイヤー募集」という夢膨らむ企画でした。
自分の国の選挙も行ったり行かなかったりの僕ですが、「立候補」してみました。

希望国は、友達や知人が行ったり出身だったりで話を聞いて
面白いモノがありそうで気になってるけど、あんまり馴染みが無い国を中心に選びました。
ベトナムの雑器やら、チェコの人形劇用のにんぎょうやら、ケニアのチンコケースやら、
世界のガラクタが待ってるかと思うと楽しくなります。
"Read More" »

知らなかったが、裸のランチ50周年だった

naked_lunch.jpg

まったく知らなかったのだけれど、
今年2009年はウィリアム・バロウズの「裸のランチ」出版50周年記念でした。
参照サイト:Naked Lunch @ 50

パリやニューヨークを始め世界の各都市で著名人が参加したイベントが開催されてるようです。
そんなに立ってるんですねっと書きながら、よく考えたら1980年が約30年前…。
あぁ時が過ぎていったのか、と感慨深くなってしまいました。

気を取り直して、
50周年は関係ないですがkippoのバロウズTシャツもどうぞ。

「ウィリアム・S・バロウズ」モチーフTシャツ "Mr.Cut-Up"...2Color
Mr.Cut-up Tee imageMr.Cut-up Tee image

Jaajaの劇的ビフォー未アフター

半年にわたるヨーロッパ・ヒッチハイクツアーから帰って来たばかりのJaajaの2人から
「さっそく新たらしい部屋を借りて改装してるから手伝いにおいでよ」と誘われたので
ここ数日、微力ながら手伝いに来ってきました。

当の物件は、築80年近いボロボロ長屋の1室で
「どこまでいじって良い契約なの?」と聞くと
「大家は『屋根ぶち抜く時は先に言ってね』と言ってた」との回答。
「言えば屋根ぶち抜いても良いのか?」と疑問に思いましたが
どうせ、彼らの事だから家一軒立てるぐらいのつもりで徹底的にリフォームする気なんでしょう。

「防音にしたい!」とか
「2階の床を開閉式にしたい!」とか
「忍者屋敷みたいな回る壁が欲しい!」とか
夢膨らむ(というか膨らみ過ぎな)話を沢山聞いて帰ってきました。
是非、取っ払った風呂桶を床下に埋め込んで足湯的に金魚を飼って欲しいです。

しかし、行くたびにボロボロの廃屋が段々と居住空間へ変わっていく様を見ていると
毎日の積み重ねという言葉を実感できてとてもよかったです。

そんなJaajaのTシャツもkippoで販売中です。

Naked Egg feat.Jaaja ...2colors

マッドマックス4は2010年夏公開予定?


madmax_southpark.jpg

「マッドマックス」のシリーズ4作目はアニメでの製作との報道もありましたが
最近の報道ではアニメ版は中止となり実写になるのでは、という話になってるみたいです。

映画「28週後…」の主演俳優ジェレミー・レナー
「マッドマックス」の1〜3作目の監督だったジョージ・ミラーと
「マッドマックス4」のスクリーンテストをしたそうです。
話の出所はジェレミー本人のインタビューとのこと。
【参照】『マッドマックス4』の新マックス役はジェレミー・レナーか?|シネマトゥデイ

メル・ギブソンももう歳だし主演が変わるのはしょうがないよね、とか思う所もありますが、
正直な所、こういう話は正式発表までは眉唾なので、
今のところは期待はせずにおこうと思うものの、やっぱり楽しみです。

ちなみに上の画像は、サウスパーク「勃発!コンドーム戦争」に出てきた「マッドマックス」パロディです。

●サウスパーク「勃発!コンドーム戦争」

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

友人たちと連れ立って「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観に行きました。
レイトショーだったのですが、予想以上に人が居て
未だ衰えない人気にビックリしました。
それも、如何にもな方々からBボーイ、はてはギャル男やヤンキー系まで
幅広い人たちが集っていて、感慨深いものがありました。やっぱりパチンコパワーでしょうか?
実際は、ファッションと趣味を一緒にカテゴライズする時代じゃなくなったってだけなんでしょうが。
"Read More" »

「エクソシスト ディレクターズカット版」

昨日、DVDをもらったので「エクソシスト ディレクターズカット版」を見ました。
幼い頃にTVで通常版を見て、ディレクターズカット版を劇場公開後のTV放送で見て以来。

幼い頃にもの凄く怖かった「少女の腹にモリモリと"HELP ME"と浮き上がるシーン」も
改めて見たら
「ちょっと文字があるお腹→異常に怖がっている神父の顔→文字がすっかり浮き上がったお腹」と
カットを切り返しているだけ(+ギャーンとかいう効果音)でした。
脳内変換って凄いなぁと実感しました。

そして今見ると、悪魔に取り付かれた少女よりも
疲れた母親の表情や、家の前の階段の方がよっぽど禍々しくて怖かったです。
あと、あまりにも唐突な終わり方に笑ってしまった。

Recommend

エクソシスト ディレクターズカット版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 25236

タランティーノ新作やるのかぁ…「イングロリアス・バスターズ」


昨年のカンヌのインタビューでいきなり
「来年はオレの新作掛かるから待ってろ」と言い出して
なんとか今年のカンヌに間に合ったみたいだけど全然知らなかった。
きっと映画秘宝がフォローしてるだろうと思ったら、やっぱりちゃんとしてた。
ココ→CIA☆こちら映画中央情報局です - タランティーノ《地獄のバスターズ》への道

マギー・チャンの出演シーンがカットというのも笑ったけど

最後にもう1人、タランティーノ映画に欠かせない人物として、「パルプ・フィクション」の殺し屋ジュールスことサミュエル・L・ジャクソンが「イングロリ アス・バスターズ」のナレーションをつとめることになりました!!、お呼びのかからなかったサミュエルが電話で、俺の出番を作れ!とタランティーノにせが み、苦肉の策としてナレーターで折り合いをつけることに
「タランティーノ《地獄のバスターズ》への道」‐第7回‐ より

にはもっと笑った。「マザファッカ」連発のナレーションになるのかな?

日本公開は10月とこのこと。

ダフトパンクの曲をエディットするFLASH

idaft.gif
MPCパッドに似せた画面のボタンやキーボードをポチポチやるだけで
カニエ・ウェストもサンプリングしていた
ダフトパンクの曲「Harder, Better, Faster, Stronger」をライブエディットできるFLASHサイト。
あまりに気持ち良くて1曲まるまるやってしまいました。
idaft

曲のオリジナルはこちら↓
● daft pank / Harder, Better, Faster, Stronger(白雪姫MAD)
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
"Read More" »

シュヴァンクマイエルの博物館とアリス

シュヴァンクマイエルの博物館―触覚芸術・オブジェ・コラージュ集シュヴァンクマイエルの博物館―触覚芸術・オブジェ・コラージュ集シュヴァンクマイエルの博物館―触覚芸術・オブジェ・コラージュ集シュヴァンクマイエルの博物館―触覚芸術・オブジェ・コラージュ集

ずっと欲しかった「シュヴァンクマイエルの博物館」を安く見つけて購入しました。
絶版だと思っていたので嬉しかったのですが、いまamazonみたら普通に売ってますね。
しかしページをめくっていると、一昨年の展覧会に行って生で見たかったなぁ、と思ってしまいます。
たしか、展覧会を知った時には終了して1週間も経ってたんです。

シュヴァンクマイエルといえば「不思議の国のアリス」の映画を作っていますが
kippoも以前「アリス」Tシャツを作った事を先日このブログに書いた所
お問い合わせをたくさんいただきました。(ありがとうございます)
ところが、もともと在庫の数も少なく、サイズにもかなり偏りがあったので
希望通りに購入していただけない方もでてきてしまいました。
そこでボディを薄手・タイト目に変えて少数再発する事にしました。
ご予約中の方はしばらくお待ちください。

ご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
"Read More" »

新生活おめでとうございます

1年前の「月刊 小学一年生」の付録(↓)。

● ドラえもん どこでもゆびピアノ ドレミくん(CM)
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

と似てるモノ(↓)。
"Read More" »

kippoニュースティッカー改造しました

先日設置した、上の「ニュース表示」ですが、
サイト表示時にズラーっとリストが表示されてしまう不具合に
設置以来、ぐっと目をつぶっていましたが本日改良しました。
以下、記録のために改造内容を書いておきます。
"Read More" »

Page 1 of 212»