デニス・ホッパーは「羊たちの沈黙」には出てないよ!

ドラッグシーンに本物を使った男。(イージーライダー
主人公のはずがチェーンソー持って大暴れするはめになる男。(悪魔のいけにえ2
オーストラリア行っても大暴れする男。(Not Quite Hollywood
監督にドラッグてのはどんなものか教えてやる男。(ブルーベルベット
よくアンソニー・ホプキンスと間違われる男。(羊たちの沈黙
クッパ。(スーパーマリオ実写版

映画を見だした頃から見る作品に頻繁に顔を出してくる個性的で見慣れた人が亡くなったと聞いた時、
いつも不思議な気持ちになります。
悲しみや寂しさとも少し違うアノ不思議な感覚をなんと言えば良いのか今でもわかりません。

そして、いつになったらこういう時に「そういうものだ」と言えるようになるんでしょう。

 わたしがトラルファマドール星人から学んだもっとも重要なことは、人が死ぬとき、その人は死んだように見えるにすぎない、ということである。過去では、その人はまだ生きているのだから、葬儀の場で泣くのは愚かしいことだ。あらゆる瞬間は、過去、現在、未来を問わず、常に存在してきたのだし、常に存在しつづけるのである。たとえばトラルファマドール星人は、ちょうどわれわれがロッキー山脈をながめると同じように、あらゆる異なる瞬間を一望のうちにおさめることができる。彼らにとっては、あらゆる瞬間が不滅であり、彼らはそのひとつひとつを興味のおもむくままにとりだし、ながめることができるのである。一瞬一瞬は数珠のように画一的につながったもので、いったん過ぎ去った時間は二度ともどってこないという、われわれ地球人の現実認識は錯覚にすぎない。
 トラルファマドール星人は死体を見て、こう考えるだけである。死んだものは、この特定の瞬間には好ましからぬ状態にあるが、ほかの多くの瞬間には、良好な状態にあるのだ。いまでは、わたし自身、だれかが死んだという話を聞くと、ただ肩をすくめ、トラルファマドール星人が死人についていう言葉をつぶやくだけである。彼らはこういう、"そういうものだ"。
ーカート・ヴォネガット・ジュニア著/伊藤典夫訳『スローターハウス5

Youtubeのコメント欄を見ても愛され振りがわかります。

● Dennis Hopper - Best performance

Recommend

イージー★ライダー コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-03-19)
売り上げランキング: 183
悪魔のいけにえ2(完全版) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007-05-25)
売り上げランキング: 22772
ブルーベルベット (特別編) オリジナル無修正版 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007-11-02)
売り上げランキング: 2154
羊たちの沈黙 (特別編) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2008-10-16)
売り上げランキング: 2565

関連する項目:

0 Responses to “デニス・ホッパーは「羊たちの沈黙」には出てないよ!”


  1. No Comments

Leave a Reply