東京〜思い出01

うつゆみこさんの個展会場「NADiff a/p/a/r/t」にて見つけたチラシを見て
恵比寿ガーデンプレイス内の東京写真美術館で開催されていた
「イマジネーション 視覚と知覚を超える旅」へ。

影絵、幻灯機、アナモルフォーズ、連続写真、リュミエール兄弟等の初期フィルムなどで
映像の歴史を追いつつ、それに対応する現代作家の作品も展示してありました。

自分が昨年末にアニメーション(下)を作った際に集めた資料でよく見ていた
影絵、幻灯機、アナモルフォーズ、連続写真といったアンティークな品々の実物を
偶々訪れた場所で見れたので、その偶然に驚きながらとても楽しめました。
現代作家の作品のなかでは、個人的にジムオルークの音楽が良かったです。

あと、ある作品から時折、結構大きな音で発せられていたハモニカの「パフパフ〜」という音が
いまだに耳にこびりついて離れません。
ちょっと困ります。

● Jaaja / YanYan
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

関連する項目:

0 Responses to “東京〜思い出01”


  1. No Comments

Leave a Reply