2008年 物欲業火の旅 その2

昔からフィギュアというものにあまり興味がない。
造形美とか、2Dから3Dへの変換の見事さとか、造形師の解釈のリミックス感覚とかは
おもしろいので鑑賞するのは昔から好きな方だけど、
コレクションしたいという気持ちはあまり持っていないらしい。
その昔のブームのときもチョコエッグ全然買わなかったし。

とはいえ、こーいうの
ChuckyROCKETEER
左上: チャイルドプレイのチャッキー 右上: ロケッティアのマスク(共にメディコ・ムトイ製)
を見るとやっぱり「欲しいなぁ」と思ってしまう訳で・・・。
でも、物欲の業火が燃えたぎるというのとは、また違うんですよね。

そんな僕の物欲に業火を付けたのがコレ。
HyonHyoro
上: ヒョンヒョロと宇宙人 (またメディコム・トイ製)

藤子F先生の名作短編SF(スコシ・フシギ)集に収録されている
「ヒョンヒョロ」という作品に出てくる宇宙人がフィギュア化されてるなんて!
まさに思わぬ所からの重い重い一撃にノックダウンされて
初めて写真見たときは、恥ずかしながら声を上げてしまいました。

この作品自体も好きですが、昔からこの宇宙人に僕は弱いのです。
目とか、服とか、喋り方とか、眉毛とか。

結局、このフィギュアは
2005年8月に行なわれた「ワンダーフェスティバル」のメディコム・トイブースと
同日のネット販売のみの限定品。
知った去年(発売3年後!)の段階ではもちろん高い値が付いちゃってて買えなかったけど。
とかいいつつそのうち買って、置き場所に困ってる気がする。

Recommend

ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)
藤子・F・不二雄
小学館
売り上げランキング: 18663

関連する項目:

0 Responses to “2008年 物欲業火の旅 その2”


  1. No Comments

Leave a Reply