「ウォッチメン」の原作を読みました

watchmen.gif

現在公開中の映画「ウィッチメン」の原作を読みました。

1985年、東西冷戦下のアメリカでは、核戦争の危機が目前に迫っていた。そんなある日、ひとりのニューヨーク市民が殺害される。政府により禁止されたヒーロー活動を続けていたロールシャッハは、独自の調査で、殺害されたのが、かつての仲間コメディアンであることを突き止める。これはヒーロー抹殺計画の第一段階なのか? 事件を追ううちに、ヒーローたちはそれぞれの心の闇に直面し、やがて世界を根底から覆す巨大な陰謀に巻き込まれていく……。

(ウォッチメン あらすじ:amazonより)

手に取った瞬間にズッシリとした重みを感じて計ってみたら1kgありました。
「コレは一気に読み通さないといけないな」と思ったので4時間ぶっ通しで読み切りました。

内容も本自体と同じくかなり重かったです。(でもムチャクチャおもしろい)
冷戦下の話なので今読むと、古いなぁと思う部分もあるですが
なにより一気読みしてると入り込みすぎて
クライマックスでは思わず「ウワァ・・・」と声が出ちゃいました。

読んだ後もちろん映画版「ウォッチメン」を見たくなりましたが、
それ以上に「グラン・トリノ」が見たくなりました。


● 海外の原作ファンが絶賛する「ウォッチメン」日本版予告編(参考記事

Recommend

WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (SHO-PRO BOOKS)
アラン・ムーア(作)/デイブ・ギボンズ(画)
小学館集英社プロダクション

関連する項目:

0 Responses to “「ウォッチメン」の原作を読みました”


  1. No Comments

Leave a Reply